夏の終日

バニラアイスが溶けて 祭り囃子は今日で終わり

お神輿かついで 何処へいくの?

汗をたらしてハトが鳴く クークー

プラスチックの街は こんがりホットケーキ

ハーゲンダッツはクリスピー 君はソーダを飲む

 

八月 雨が少ない 九月 涼しくなくて つまんない

部屋のクーラーが18℃まで 冷え込んで

火照たカラダを 脱ぎ捨てた

イソギンチャクはもう元気ハツラツ

君はまな板で 跳ね回る

 

嗚呼 僕ら 悪いことをしよう

飽きもせず はしゃぎまわり 戸口で 革命の音がした!

ただ 悪い夢がさめる音

相も変わらずに二人 茹だったままで秋を待ってる

 

くらくら 夜を吸い込み ゆらゆら 頭をおこす

夏の終わりが 夜空に 赤く赤く 染み込み

僕の花火も 打ちあがる

犬も猫も蝉も鯨も大家さんも

君も ぜんぶぜんぶ 只 花になる

 

嗚呼 もっと遊びたかったな

だけど この景色は なんだか 不思議と居心地がいいもんだ

ただ 悪い夢がさめる音

相も変わらずに二人 不器用な夏を過ごしてる

 

悪い夢がさめる音 相も変わらずに 一人

茹だったままで 秋を待ってる