メトロ

誰もいない町をさがして

メトロにとびのる

砂の切符は風に流れて

もどれない道を眺めた

 

誰も知らない海をさがして

メトロにとびのる

枯れた浜辺には鳥もいない

耳に貝を当てて

 

ほの暗い穴から

君の波が

寄せては返して

おどけてはしゃぐ

声が離れない

 

君の面影をさがして

メトロにとびのる

誰もいない町について

知らない海をながめた

 

もう帰れない

もう帰れない