シンデレラコースト

なぜこんなに悲しいのでしょう

白い灰を吸い込んだからでしょうか

なぜこんなに寂しいのでしょう

あなたと踊り疲れたからでしょう

 

春になったら色を重ねて

2つの馬車が夜をかける

けれど12月の鐘が鳴れば

ただのひとりの

私はただのかぼちゃ

 

なぜこんなに悲しいのでしょう

黒い海を飲み込んだからでしょうか

なぜこんなに寂しいのでしょう

ガラスの指が割れていくからでしょう

 

影が触れれば夢はほどけて

続くはずの夜は覚める

そして 魔法が解けてしまう

そのひとことで 私はただのカボチャ

 

なぜこんなに悲しいのでしょう

あなたのかたちが消えていくからでしょう